Life is short, Eat dessert first.

Love cooking, cafe, interior, art, ocean, big dogs, movies, workout, hot spring, yoga, countryside, deep breathing and drinking!

【内面】復帰1年

お仕事復帰して1年経ちました。
2013年からウルトラデトックスの日々が2年ほど続いていて、ほとんど部屋で過ごすような2年間でした。
なので、復帰して楽しく働けていることがとても有り難いです。
 
 
自分のことをよく知ると、人生の満足度が上がる気がします。
自分のことを知るためには、2種類の道、行き方があると思います。
一つは、じっくり内観すること。
2年のお休み期間ではほぼこれに徹していました。
  
 
ホロスコープや、算命学や、スピリチュアルや、自分を知るためのツール片っ端からいきました。
ノートへのアウトプットや瞑想も毎日やっていました。
なので、自分がどんな人間なのか、アウトラインがよくわかった期間でした。
 
 
2年間じっくり自分と向き合ったことで、いわゆる常識の中ではなく、当時付き合っていた人でもなく、自分自身の気持ち良いことがよくわかるようになりました。
  
 
しかし・・・
ものごとには二面性があって、やっぱり弊害もあります。
 
「自分のことがよくわかっている」は、
裏を返せば「自分はこうだから」が固まりすぎてしまうことにもなるわけです。
 
そうするとブレイクスルーが起こりにくい。
年齢重なれば重なるほど、自分との会話ができて、自分の好き嫌いがわかっていくから、我が強くなっていくのは自然の流れでもあります。
 
 
そんな時に今の上司から言われたのが、「自分をパッケージ化しすぎ」と言うことば。
全部の意味はわからなかったけど、むっ!と感情が動いたから図星だったのは間違いないです。笑
 
要は、自分を固めすぎていて成長のチャンスを逃しているよ、というアドバイスだったんですけどね。
初対面で挨拶しかしてないのに、自分が当時気づいてないことまで見抜かれました。
 
 
それを踏まえて、自分を知るための二つ目の道が、人と深く関わることです。
一つ目の、「一人になって向き合う」と真逆のこと。
ポイントは「深く」。
 
その最たる例は、恋愛だと思います。
好きになったひとに対してはより一層、自分をわかってほしいとか、こうしてくれたらいいのに、とか思いますよね。
他の人だったら伝えるの諦めちゃうけど、この人にだけはわかってほしいとか。
 
恋愛すると、相手が鏡のように自分のエゴや嫌なところを映すので、いやでも自分に向き合います。
私も今まで好きになった人たちからもらった経験は、かなり大事な経験ばかりです。
 
 
なので恋愛に限らずですが、人としっかり向き合って、深く関わっていくことは、ものすごく自分の成長になりますね。
内観より全然ハードですけど・・・。笑
 
 
いまのお仕事も環境活動も、人に深く関わることばかり。
しっかり相手と(=自分と)向き合って修行しなさいよ〜ってことなのだと思います。
 
内観して心も体もホームに帰ってくる日が半分。
好きな人に会って、成長してくる日が半分。 
こんな感じで楽しくお仕事&暮らせています。
 
 
色々選択できる人生になっていることが有り難いです。
固めすぎず、流れすぎずの良い塩梅で年取っていきたいと思います。1

広告を非表示にする